内緒でお金を借りる方法ガイド【家族にばれないキャッシング4選】

お金が急に必要になった!

そんな時に便利なのがキャッシングです。 最近では無利息期間を設けているキャッシング会社も多く、よりお得に、そして便利に利用できるようになりました。

しかし、家族や職場の人にお金を借りていることは内緒にしたい!という方も多いのではないでしょうか?

お金を借りるということはあまり印象のいいことではありません。 ましてや家族となれば、心配をかけてしまったり、信用を失ってしまう可能性もあるでしょう。

そこで、内緒でお金を借りることのできるキャッシングサービスをご紹介します!

どこでお金を借りる?

お金に困ったときに頼る相手は様々ありますが、必要な金額やタイムリミット、相手との関係性によって適切に選ぶようにしましょう。金銭トラブルが原因で関係が悪くなってしまうこともあるので、借りるときはしっかり返済の見通しが立つことが大前提となります。

国・市役所・区役所から借りる場合

国・市役所・区役所から借りる場合、一定の条件を満たすことで低金利でお金を借りることができます。低所得だったり障害があることが条件となるものも多く、誰でも気軽に利用できるものではありません。また、融資までに時間がかかることも多いため、緊急性の高い資金を必要としている場合には不適切でしょう。給付となっているものは返済義務がありません。

身内・家族から借りる場合

身内・家族から借りる場合は最短即日で用意してもらうこともできますが、家庭の状況によって借りることができる金額が異なります。またなぜそのような状況になっているのか詳しく説明する必要もあるため、お金に困っていることを知られたくない場合には向いていません。

勤務先から借りる場合

勤務先から借りる場合もお金に困っていることを会社に知られてしまいます。身内の事故などでお金が必要になった場合に検討してもらうことも可能かもしれませんが、必ず借りることができるわけではなく、勤続年数や会社での付き合い方によって金額も左右されるでしょう。給料の前借をするときも同様で、会社に前借制度がなければ難しいかもしれません。

もしこれらの方法でお金を集めることができなければ、別の方法を検討したほうが良いでしょう。

カードローンを利用してお金を借りる方法

世の中には信用によって、無担保でお金を借りることができる仕組みがあります。それがカードローンです。カードローンは大きく分けると銀行系と、消費者金融や信販会社などのノンバンクにわかれます。それぞれでメリットとデメリットがありますので、お金を借りる期間や金額によってどちらに申し込みをするか判断すると良いです。

消費者金融からお金を借りる場合

消費者金融からお金を借りる場合、審査通過率が高く融資までのスピードが速いのが特徴です。最短即日融資も可能で、申込者の信用力にも異なりますが、数十万円単位のお金を用意してもらうことができます。ただし金利が高いため、長期間利用する場合は負担が大きくなってしまいます。最初の1か月間は無利息で借りることができる会社もありますので、借入期間によって利用できるキャンペーンがないか探してみるのも良いでしょう。消費者金融のカードローンは貸金業法の総量規制の対象となっており、年収の3分の1以上の貸し出しをしてもらうことができません。高額な融資を希望する場合は不向きでしょう。

銀行からお金を借りる場合

銀行からお金を借りる場合、消費者金融と比較すると金利が低いのがメリットですが、審査が厳しく融資実施までに時間がかかるものも少なくありません。中には銀行に口座開設をしなくてはならないものもあり、長いと1週間近くかかってしまうこともあります。銀行系カードローンは提携ATMも多く、借り入れや返済の時に手数料が無料になっているところも多くあります。消費者金融と違って総量規制の対象外なので、信用力次第ではまとまった金額の融資をしてもらうことも可能です。

職業別お金を借りる方法は?

カードローンは、基本的には安定した収入があり、返済能力がある人が利用できるものです。返済能力の高さによって借入可能額や審査通過率も異なります。

年金受給者

年金受給者の方がお金を借りる場合、カードローンは選択肢としては不向きです。金融機関によって年金は所得としてみておらず、無職と同様に扱われるからです。同様に無職の人がお金を借りる場合も審査に通ることが難しいので、国や役所による支援サービスを利用したほうが良いでしょう。所得が低ければ生活保護を受けることができる場合もあります。生活保護は融資ではありませんので、返済の義務がありません。

自営業者

自営業者がお金を借りる場合は比較的門戸は広く、銀行系でも消費者金融でも借りることができる金融機関がたくさん存在しています。ただし会社員と比較すると不安定な人も多く、信用力はそれほど高くありません。消費者金融では自営業者向けのビジネスローンを提供しているところもありますが、ビジネスローンは総量規制の対象外なのでまとまった金額を融資してもらうことも可能です。営業年数が長く安定して仕事を請けていることが大前提となります。

専業主婦

専業主婦がお金を借りる場合、本人に収入がなくても旦那さんが働いていれば、配偶者貸付制度を利用できる会社があります。これは配偶者の年収と自分の年収を併せて所得として計算してもらえる制度です。ただし専業主婦向けの融資も返済能力が低いと判断されやすく、まとまった融資が難しいこともあります。

学生

学生がお金を借りる場合、アルバイトをしていれば本人に収入があるため、カードローンの契約は可能です。学生しか契約することのできない学生専用カードローンもあります。

消費者金融と銀行でお金借りる方法の違いは?

銀行カードローンでお金を借りる場合も消費者金融でお金を借りる場合も、どちらも申し込み方法や契約までの手続きに大きな違いはありません。違いがあるのは商品の性質です。

銀行系カードローンは消費者金融よりも最大金利が低く設定されているところが多いため、契約当初の条件は有利になることがあります。中には最大金利が10%以下のものもありますので、低金利のローンを選べば負担を減らして借り入れをすることができるでしょう。低金利のローンは長期間の借り入れに向いています。

一方消費者金融は金利が高いものの、無利息期間を設けている会社もあり、短期間の借入であれば負担ゼロで借りることも可能です。長期間借りると金利の高さから負担が大きくなりやすいのですが、継続利用して信用を高めていけば、契約条件の変更をしてもらうこともできます。定期的に連絡を取ることで次第に低金利のローンになることもあります。金利を低くしてもらうためには限度額をアップしてもらう必要があるため、定期的に増額審査をしてもらうと良いでしょう。

銀行カードローンの場合は口座振替時に残高不足が起きていると、自動的に融資をしてくれるサービスが利用できる会社もあります。このサービスを利用することで滞納するリスクを減らしてくれるため、信用を維持するのに役立てることができるでしょう。それ以外の借入方法は振込融資、ATMによる引き出しを利用でき、どちらも利便性に大きな違いはありません。

消費者金融でお金を借りる流れは?

できるだけ審査通過率を上げたいときの審査申し込み基準は?

消費者金融での借入の絶対条件となるのが現在の他社での借入残高が年収の3分の1を超えていないことです。また、他社に滞納がある場合もほとんどのケースで審査に通ることができません。

早く借りたいときの審査の流れは?

店頭、インターネット、電話、アプリ等から申し込みを行うと、仮審査が行われます。仮審査に通過すると在籍確認、本人確認などの本審査が行われ、問題がなければ契約となり、借り入れが可能になります。会社によってはカードが発行されるまで借り入れができないところもありますが、振込融資に対応しているところもあるので、急ぎの場合は即日融資可能な会社を選びましょう。

会社に電話されたくないときの在籍確認は?

電話での確認を書類審査でパスさせてくれるところもあります。電話連絡が嫌な場合はコールセンターに問い合わせをしましょう。